みどころ

100のモノが語る 世界の歴史

みどころの概要を見る

英国・ロンドンにある大英博物館は、人類の文化遺産の殿堂として世界中のあらゆる地域と時代を網羅したコレクションを誇ります。
「大英博物館展一一100のモノが語る世界の歴史」は、約700万点の収蔵品から選び出した100の作品を通じて、200万年前から現代に至る人類の歴史を読み解こうという試みです。選ばれた品々は、一見して何げない日用品から教科書にも登場する芸術的な名品まで多岐にわたります。100の「モノ」たちは、それらを手にした人々の日々の営み、信仰の対象、激動する社会背景など、様々な「歴史の断片」を私たちに語りかけます。中には初めて目にする地域や文化からもたらされた物もあることでしょう。一方、私たちになじみ深い文化が残した物にも、思いがけない発見があることに驚くはずです。
本展を通じて、地球をめぐる時空を超えた世界旅行をどうぞお楽しみください。

閉じる

本展では、大英博物館の誇るコレクションから選りすぐりの100の作品を読み解き、古代から現代まで、数千年の時を超えた人類の歩みに迫ります。その幕開けは、大英博物館でも人気の高い古代エジプト部門のミイラの棺と、21世紀のガーナでつくられたユニークな形の棺。時を隔ててアフリカ大陸でつくられた二つの棺は、私たちに一体何を語りかけてくるのでしょうか。「モノ」が語る「世界の歴史」に耳をすませ、時空を超えた旅にでかけましょう。



トップへ